欧米豪の富裕層マーケットが日本のスノーリゾートを救う

近年、豪米豪の富裕層スキー客が急増している今だからこそ、各地のスノーリゾートは中長期的な戦略が必要となっており、将来的には富裕層スキー客離れが加速する点をも想定しなければいけない。
札幌国際大学総合研究所でスポーツツーリズムの研究を行っている遠藤正教授は、これからのスノーリゾートはより個性的かつ、多様化の必要性を力説している。

記事元(観光経済新聞)はこちらから

関連記事

  1. 東京五輪にむけて都市の景観は変わるか~無電柱化への取り組み~

  2. 北海道宝島旅行社が「第2回日本サービス大賞」で優秀賞を獲得

  3. 地方創生と地銀、そして富裕層戦略の関係性を考える

  4. 官民連携による富裕層ビジネスで地方創生SDGsを推進 -Best of the Fuji-

  5. 富裕層が注目するダボス会議で「ジャパンナイト2019」を開催

  6. 秋田県の富裕層インバウンド戦略