訪日富裕層に向けた1時間75万円のサービスとは

観光事業を手掛けるインアウトバウンド仙台・松島(仙台市)は3月に発表した、仙台空港を出発する訪日富裕層外国人旅行者向けのヘリコプター運航サービスの1機の料金は、移動が1時間40分で106万円、周遊型観光が1時間で75万円(いずれも税別)だ。移動は、仙台空港-むつ市間の移動サービスと、周遊は、松島湾などの上空を遊覧して仙台空港に戻る周遊型観光サービスを基本商品としている。定員は5人。周遊型観光には外国人通訳ガイドが1人同乗する。東北エアサービスで記者会見したインアウトバウンド社の西谷雷佐社長は「外国人富裕層は滞在1回で200万円以上使うと言われ、高価値高単価のツアーに需要はある。」と語っている。

関連記事

  1. 第1回 DMO/自治体/官公庁/観光局向け富裕層インバウンドセミナー「訪日富裕層旅客新規獲得戦略の要諦とは?」

  2. 秋田県の富裕層インバウンド戦略

  3. 観光庁が体験型観光コンテンツを開拓・育成するモデル事業を新たに選定

  4. 日本版DMOの収益事業

  5. 官民一体で観光課題解決し海事観光を推進

  6. 海外富裕層メディアアプローチの相棒(自治体向け)