政府も期待する海外富裕層の夜遊びとは

アジア初の開催となるラグビーW杯は、期間が9月20日―11月2日と長期にわたり、開催都市は全国12都市に及ぶ。開催までは半年を切った。観光庁はナイトタイムエコノミーなどの体験型コンテンツの充実化を、12開催都市に呼び掛けているという。田端浩長官は「地方都市では飲食店などが早く閉まってしまう。せっかく地域に訪れてもらっているので、夜間に飲食を楽しめる場を提供できるようにしたい。我われとしても重要性を認識している」と語っている。しかし、夜間に空いていれば良いというわけではない。例えば「キャッシュレス」というキーワードにも対応できない都市が多い。果たして、開催都市ではどこまで海外富裕層の夜遊びについて把握をしているのだろうか。

記事元(旬刊旅行新聞)はこちらから

関連記事

  1. 沖縄〜東南アジア進出サポートの本格化へ〜

  2. 官民一体で観光課題解決し海事観光を推進

  3. 地方創生の新たな切り札「スーパーヨット」

  4. CAMPFIREが地域クラウドファンディングを買収

  5. 別府の温泉街に外資などの高級ホテルが続々開業

  6. 阿寒観光協会まちづくり推進機構 アドベンチャーツーリズムの推進