人道の港ムゼウム/Port of Humanity

杉原千畝氏の命のビザで日本に逃げてきたユダヤ避難民が降り立った街、敦賀。ムゼウムを新装オープンしたほかにも敦賀港の開発が進むようだ。おりしも2024年には北陸新幹線が敦賀まで伸びることが決まっている。

福井県は敦賀のコンテンツをはじめ、福井市の永平寺のほか橘曙覧の出身地として特にアメリカのユダヤトラベラーにはぜひ立ち寄ってもらいたいところだ。東尋坊やあわら温泉近くにも見どころが多い。私見にはなるが、福井の地方創生は敦賀を起点に考えた方が考えやすい側面がある。京都からサンダーバードで1時間かからないこともその大きな理由のひとつだが、ムゼウムは欧米豪富裕層、特にユダヤ富裕層に対するスーパーコンテンツだからだ。

関連記事

  1. 海外富裕層ライフスタイルマネジメントアプローチの相棒(自治体向け)

  2. 京都市観光協会、DMO経営戦略にデジタル活用の推進を盛り込む

  3. 日本版DMOの収益事業

  4. Ginza Bar Hopping

  5. 地方創生の新たな切り札「スーパーヨット」

  6. 地方創生とクラウドファンディング、相性抜群