人道の港ムゼウム/Port of Humanity

杉原千畝氏の命のビザで日本に逃げてきたユダヤ避難民が降り立った街、敦賀。ムゼウムを新装オープンしたほかにも敦賀港の開発が進むようだ。おりしも2024年には北陸新幹線が敦賀まで伸びることが決まっている。

福井県は敦賀のコンテンツをはじめ、福井市の永平寺のほか橘曙覧の出身地として特にアメリカのユダヤトラベラーにはぜひ立ち寄ってもらいたいところだ。東尋坊やあわら温泉近くにも見どころが多い。私見にはなるが、福井の地方創生は敦賀を起点に考えた方が考えやすい側面がある。京都からサンダーバードで1時間かからないこともその大きな理由のひとつだが、ムゼウムは欧米豪富裕層、特にユダヤ富裕層に対するスーパーコンテンツだからだ。

関連記事

  1. 家具の街 大川市のブランド力再建の道

  2. 沖縄〜東南アジア進出サポートの本格化へ〜

  3. 世界初の浮世絵春画人形~日本の伝統文化を世界の富裕層に~

  4. 秋田県の富裕層インバウンド戦略

  5. 別府の温泉街に外資などの高級ホテルが続々開業

  6. 西武HD 富裕層向け軽井沢の会員制ホテルを公開