地方創生とクラウドファンディング、相性抜群

地方創生プロジェクトや地域活性化プロジェクトと連携するクラウドファンディングFAAVO(faavo.jp/projects/by/push)注目を注目を集め始めている。日本においては、老舗のreadyforやcampfireのみならず、サイバーエージェント系のmakuakeなどが大型の資金調達に成功例を続出させているし、投資型で言えばすでにクラウドクレジット(www.crowdcredit.jp)が登場している。FUNDINNO(lp.fundinno.com)などの株式投資型でも成功事例が出始めているのは、資金調達の多様化の観点からとても望ましいことといえよう。

株式増資型クラウドファンディングは世界的な潮流になっており、先鞭をつけたのが著名なSEEDRS(www.seedrs.com)だ。すでに数百万ドルの増資に成功した企業が続出している。一部のベンチャーキャピタルやプライベートエクイティのみしか知りえなかった情報がオープンに開示され投資チャンスが出てきている。同様にCrowdcube(www.crowdcube.com)などの同様のビジネスも今後多く出てくることになるだろう。

関連記事

  1. 食文化で訪日富裕層の誘致、農水省が10地域を認定

  2. デジタルガレージ、全日空商事と協業でインバウンドマーケティング支援

  3. (終了しました)第1回 自治体/官公庁/観光局向け富裕層インバウンドセミナー「訪日富裕層旅客新規獲得戦略の要諦とは?」

  4. 地方創生と地銀、そして富裕層戦略の関係性を考える

  5. 世界初の浮世絵春画人形~日本の伝統文化を世界の富裕層に~

  6. CAMPFIREが地域クラウドファンディングを買収